保湿に気をつけた化粧品選び

私は、数年前からニキビに悩まされています。

赤くなり痒みがあるのでまさかニキビとは考えもせず、自己判断で家にある薬を付けていました。
しかし酷くなるばかりだったので、病院にも行きネットでも色々調べて使う化粧品を選びました。
そしてニキビは若い頃だけでなく年を取ってからも出来るのだと知りました。
また加齢でニキビが出きるのは肌の乾燥から来ると判ったので、現在は保湿を重点に考えて選んでいます。PR:セラミド美容液

 

色んなメーカーの保湿クリームを使いましたが、冬場だったからか保湿が足りなかったようで、効果を感じれず、ベタ付くほど塗らないと保湿が間に合わないと考えました。
そこで根本から肌の手入れを考え直そうと、洗顔からやり方を変えてみました。
それまでは、朝の洗顔は余計な皮脂まで取ってしまうので、ぬるま湯だけで洗っていましたが、ニキビができてからは、朝もネットで泡立てて、泡で洗うようにしました。PR:セラミド美容液

 

そして、直ぐに化粧水のしっとりタイプをたっぷり塗ってその上から馬油を塗り、ワセリンも塗ってみました。
夜も同じ様な肌の手入れにしてみました。
すると段々痒みが取れ赤みもなくなってきましたが、冬の間はそれで良かったのですが、夏になると、少し油っぽいのが気になりだして、馬油から、普通の保湿クリームとワセリンに変えました。
前は合わないと思っていた保湿クリームでしたが、ワセリンを併用する事で、効果を感じる事ができる様になりました。
しかしワセリンを塗り忘れたりすると、痒みが出てくるので、夏でも保湿はしないと駄目なのだと判りました。PR:セラミド美容液

 

美容液は使っていません。
以前は使っていたのですが、値段が高いだけで効果を実感できなかったからです。
シミやしわ対策は、現在使っている化粧品でも大丈夫かなとは思いましたが、ストレスや睡眠不足、など肌のサイクルが狂っても出来やすいと知って今までの手入れでは駄目なのかもとも考えましたが、今はニキビが繰り返して出るので、そちらのケアで精一杯です。PR:セラミド美容液

 

セラミドは良く聞きます。
セラミドは肌の表皮の角質層にあって細胞と細胞の間を埋める成分です。
セラミドの入った化粧品を使う事で、角質層の保湿とバリア機能を高め、肌の水分を保つ事が出来ます。
そして、コラーゲンやヒアルロン酸の様に肌に良いとされる成分は皮膚の内部まで届かせるのが難しいのに対して、セラミドは角質層にある成分なので肌に浸透させやすいと言う特徴があります。
ですからセラミドの含まれている化粧品は保湿効果に優れていると思います。
これからどんどん年を取っていくので、その年齢に応じた化粧品選びが大切だと感じています。PR:セラミド美容液

 

セラミド美容液オススメ


ホーム RSS購読